夏の光熱費の節約〜マンション買っちゃった〜田舎OLセツヤクの心得
   ■TOP

  ■光熱費の節約

  
夏の電気代節約方法


 節約するなら、基本は固定費用の節約です。
 電気代の節約について、夏と冬の節約ポイントをまとめてみました。
 夏の電気代・光熱費の節約方法

 夏場に電気使用量の上がるものは、やはり暑い部屋を涼しくする電化製品です。
 エアコンの電気使用量はかなり大きく、毎日5時間、部屋を冷やせば、電気料金はいつもの倍!!なんて事になってしまいます。

 部屋を涼しく、かつ電気の使用量もすくなくするコツは、
 【1】直射日光を遮る
 【2】風を利用する
 【3】コンパクトな空間
 この3つが基本になります。


 夏の電気代節約ポイント 【1】直射日光を遮る
 日本の住宅では「南向き」が人気です。
 ですから殆どのリビングや寝室などは、日当たりの良い場所にあると思います。
 冬場は南向きがありがたいのですが、真夏は暑い日ざしがジリジリと照って「南向き」を少々恨んでしまいたくなりますよね。

 部屋を冷やすのに、この直射日光を遮るだけで、かなりの電気代節約になります。

 ◆カーテンで光と熱を遮る 
ベルメゾンネット
 家庭にある物で直射日光を遮るなら、やはりカーテンです。
 遮光・遮熱にすぐれた機能性の高いものにかえれば、カーテンの開け閉めだけで部屋の気温が随分と違うことが分かりますよ。

 ◆日よけクリーンを張る
 カーテンを閉めてしまうと、折角の風通しが悪くなってしまいます。
 自然の風を感じたい、だけど日差しを遮りたい・・・という場合は、窓の外に日よけのスクリーンを張ると良いです。
 直射日光を遮ることが出来るし、風もとおります。

 忘れていけないのは、エアコンの室外機にも日差しを遮る工夫をしておくことです。
 室外機が熱くなると、エアコンの働きも悪くなって消費電力が上がってしまいますよ。

 夏の電気代節約ポイント 【2】風を利用する
 【1】の方法で直射日光を遮ったことで、室内の気温は随分と違っていると思います。
 続いては、エアコンを効率よく使用するために、風の力を借りる、ということです。

 電力使用量の目安ですが・・・
 【我が家のエアコンの消費電力】
 ・5kw=5000w
 ・1日6時間使用
 1ヶ月の消費電力は・・・900kWh(およそ19800円)

 【我が家の扇風機の消費電力】
 ・49w
 ・1日6時間使用
 1ヶ月の消費電力は・・・8.82kWh(194円)

 ◆サーキュレーターや扇風機で空気をかき混ぜる
 扇風機だけでは暑さに耐えられない場合は、エアコンと扇風機の併用がオススメです。
 エアコンは1℃の変化で電気代が10%も違ってきます。
 設定温度を2〜3℃下げて、そのかわりに扇風機を使えば、体感温度もぐっと下がります。

 夏の電気代節約ポイント 【3】コンパクトな空間
 広い部屋を冷やそうとすると、大きなエネルギーが必要です。
 しかし狭い空間なら、エアコンの効きも良くなります。

 必要な空間だけを冷やす。
 これを考えながらエアコンや扇風機を上手に利用すれば、電気代も抑えることが出来ますよ。


独り暮らしの節約術
・光熱費の節約
 電気代
 電気代の節約2009
 電気代の節約2010
 電気代の節約2011
夏の電気代節約方法
・冬の電気代節約方法
 ガス代
 ガス代の節約2009
 ガス代の節約2010
 ガス代の節約2011
・携帯電話代の節約
・車とガソリン
 自動車保険の見直し
 ガソリン代の節約
 車は本当に必要か?