貯金/目指せ繰上返済〜田舎OLセツヤクの心得〜
  ■TOP

■蓄財コラム1■
 公的年金って、頼りになるの?

 

将来のことなんて、ワカリマセン。
年金をもらえるのは30年以上も先・・・その頃、日本はどうなってるんでしょうか?

30年先のことなんて分かるはずがありませんが、現時点の制度の場合でのシュミレーションができますが、ご存知でしたか?

 年金シュミレーション
 マネー情報知るぽると(金融広報中央委員会)というところのサービスです。

働き始めたばかりの方や、学生さんよりも、ワタシと同じような働いて10年以上たってるサラリーマンやOLサンたちの方が、年金などに関しては凄く気になっていると思います。
働き始めて10年・・・毎月毎月天引きされる厚生年金保険料。
果たして自分は老後にいくらもらえるのか?

大雑把な試算をしてみました。
条件 サラリーマン
期間 40年(20歳からかけはじめたとして。実際は違うけど、端数のことは気にしない)
月額報酬 年収(ボーナス含む)÷12

そして出た結果は・・・
「65歳以降の受給見込額は、おおよそ155万円(年額)くらいです

40年も保険料を払い続けて、もらえるのは年に155万円。
12ヶ月で割ったら・・・月に12.9万円

生活できるんでしょうか?
ワタシが65歳になったときも、今と同じ物価水準なら、個人年金とかも足して何とかなる・・・かもしれない。
住宅ローンが終わってたら、何とかなるかもしれない。

でも、30年後も今と同じ物価なんて、絶対にありえないし!!


年金保険料はどんどん値上がりするでしょう。
支給額はどんどん減るでしょう。
支給開始年齢も引き上げられるでしょう(それまで生きていられるのかしら・・・)。
物価は絶対に上昇しているはず。
老人だから、病気とか医療費かかるに違いないし・・・。


基本的に、公的年金は現在の収入水準以上をもらえることは絶対にありえない、と考えていいでしょう。
老後の生活費を公的年金だけに頼るのは、あまりにも危険だと思いませんか?

自分の老後は自分でなんとかする。
そんな心構えが必要ですよね。

そのためにも「お金を貯める」ことは大切だし、保険会社の個人年金を契約するのも一つの防衛手段だと思います。











■貯める/目指せ繰上返済■
財形貯金のススメ
銀行口座とキャッシュカード
500円玉貯金のススメ
ネット銀行活用術
現在の現金資産公開

■蓄財コラム■
お金を貯める理由
公的年金って、頼りになるの?
老後に必要なお金